キャンペーン比較、お得情報紹介!

今、注目のキャンペーンはこれだ!

メリット/デメリットやお得情報も紹介

ワイモバイルのスマホ、そのメリット・デメリットは?

イーモバイルとウィルコムがくっついて新たに誕生したワイモバイル(Y!mobile)。そのスマートフォン用のプランについてメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

音声通話、ネット接続がセットになった、わかりやすいプラン!

それぞれがバラバラになっていなくて、セットで買えるから便利ですね。

料金プランもシンプル。例えばスマートフォンのプラン「スマホプラン」なら、S・M・Lの3種類から選ぶだけというわかりやすさです。

これが大手携帯電話会社だと、音声通話は「○○プラン」で、ネット接続は「△△プラン」で…といったように別々のものとなっていて、しかも特定の組み合わせでないと割引が効かないなど複雑な制度もあって、難しいものでした。

ワイモバイルならそのような複雑さはありません。わかりやすいということは明朗会計にもつながります。高い信頼性を感じることができるでしょう。

月額料金が安い!

大手携帯電話会社でスマホを契約すると、どうしても月額6,000円~7,000円以上かかってしまうものでした。月々の負担はかなり大きかったと思います。

ワイモバイルは、一番安い「スマホプランS」なら月額2,980円という格安さ!(「スマホプラン割引」適用時)

これまでの半額以下の月額料金で、スマホを持つことが可能になりますね。まさに「ガラケー並みの料金」です。

ちなみに「スマホプラン割引」というのは、加入月から25ヶ月間、月額料金が1,000円割引される制度です。注意点もありますがそれは後ほど説明します。

無料通話に強み!

1回あたり10分以内の国内通話が、1ヶ月になんと300回まで無料でできます!

ワイモバイル同士はもちろん、固定電話や他社携帯電話にも対応。

こまめな連絡を頻繁に行うような方にはぴったりですね。ご家族、特にお子さまとの連絡に適していると思います。

さらに月額1,000円のオプション「スーパーだれとでも定額」をつければ、1回当たりの通話時間の制限も、1ヶ月の通話回数の制限も無くなり、完全にかけ放題となります

「スマホプランS」に「スーパーだれとでも定額」をつければ、月額3,980円ですね(「スマホプラン割引」適用時)。この料金でスマホが持てて、なおかつかけ放題にもできるのは魅力的です。

お得なキャンペーンや割引制度が充実!

他の格安スマホに比べてキャンペーン特典が充実しているのもワイモバイルの特徴。

月額料金が一定期間割引されたり、端末がお得に入手できたり、プレゼントがもらえたりと、特典がいっぱい。販売業者がお客さんの獲得に非常に熱心なことが伝わってきます。

また「家族割引」など割引制度も豊富。「家族割引」があれば、ご家族みんなでワイモバイルのスマホを契約することで、基本料金をぐっと抑えることも可能です。ここも他の格安スマホには無いメリットです。

Yahoo! Japanとの連携がすごい!

Yahoo!のロゴが入っていることもあり、ワイモバイルはポータルサイト「Yahoo! Japan」との親和性が高いのもアドバンテージ。

マイルを貯めることでデータ通信容量を無料で追加できるようになる、ワイモバイルならではのお得な「パケットマイレージ」という制度があります。

マイルは、Yahoo! Japanに1日1回アクセスするともらえるほか、5日間連続アクセスで1回引ける「パケくじ」で当たれば多くのマイルをゲットできます。

たくさん貯めれば貯めるほど多くのデータ容量が使えるようになる、面白い制度ですね。

また、毎月500円分のパケット追加と、Yahoo! Japanの会員サービス「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」がセットになった「Enjoyパック」もお得。「Enjoyパック」の月額料金は500円ですから、500円で500円分以上のサービスが得られることに。これも見逃せません。

ワイモバイルはYahoo!マニアにはたまらないキャリアですね。いや、そうでない方もむしろ、この機会にYahoo!マニアになってしまうのも悪くないかも?

ソフトバンクWi-Fiスポットが使える!

全国のファーストフード店やカフェ、それに主要駅や空港などで使えるソフトバンクのWi-Fiスポットを利用できます

こちらに接続すれば月のデータ容量を消費することなくネットが使えますので、駅での暇つぶしにネットしたり、外出先でまとまった量のデータをやりとりする必要がある場合などにも役に立ちそうですね。

安心・安全のための各種サービス!

ウイルス対策などのセキュリティサービスや、フィルタリングサービス、それにお子さまの今いる位置が分かる「位置ナビ」など、安心・安全のためのサービスが完備されています

それぞれ単品で申し込むこともできますし、基本的なものを1つにまとめた「スマートフォン基本パック」もあります。

インターネットを使った詐欺事件も多発する今の時代、欠かせないサービスと言えるでしょう。なお、機種によって使えるサービス・使えないサービスがありますのでそこだけは注意が必要です。

店舗だけでなくネットでも契約可能

街のワイモバイルショップや、家電量販店でも取り扱っていますが、インターネット上にも公式オンラインストアがあります

お店の人と相談しながら決めるのであればお店で、じっくり比較・検討したいのであればオンラインストアが良さそうですね。

デメリット

高速データ通信の容量は控えめ

インターネット通信を高速に行えるデータ容量は、最も料金の安い「スマホプランS」だと月々1GBまでとなっています。

大手携帯電話会社のプランだと、一番安いパックで2GBでしたから、その半分の量となります。

また大手携帯電話会社には20GB・30GBと大容量が使えるパックも用意されていましたが、ワイモバイルは最も多い「スマホプランL」でも7GB。

ネットの通信量をたくさん使いたい方にはちょっと合わないかもしれません。どちらかというと、ネットはあまり使わないから月々の料金を安く抑えたい、といった方のニーズに合わせたサービスとなっています。

「スマホプラン割引」には欠点も

「スマホプランS」は月額2,980円、「スマホプランL」は月額3,980円、「スマホプランL」は月額5,980円と、公式サイトには記載されていますが、これは「スマホプラン割引」が適用された後の料金となっています。公式サイトにも小さい文字で書かれていますね。

「スマホプラン割引」が適用されると、利用開始月から25ヶ月間、月額料金が1,000円割引されます。逆に言えば25ヶ月が過ぎてしまえば、この割引が適用されなくなり、月額料金がそれまでよりも1,000円上がることになります。お得度がやや下がってしまうのがネックですね。

もっとも25ヶ月と言えば約2年後のことですから、もしかしたらその時はまた別の割引制度が登場するかも知れませんけどね。

また、適用に条件があることも注意。条件はいくつかありますが、特に気をつけたいのが「ソフトバンクモバイル、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからのMNPは対象外」であることです。

ドコモやauなどからの乗り換えが優遇された形となっているわけです。ソフトバンクからだと割引の恩恵が受けられないのはちょっと残念なところです。

約2年間の契約期間がある

スマホプランはいずれも契約期間が2年間。契約更新月以外の月に解約すると契約解除料がかかってしまいます。大手携帯電話会社のプランと同じような縛り制度ですね。

ちなみに、契約期間無しの「スマホベーシックプラン」(S・M・L)も用意されていますが、月額料金はスマホプランに比べて3,000近く高くなってしまいます。通常はスマホプランを選んだ方が良いでしょう。

まとめ

なんといっても月額料金の安さ、それに1ヶ月あたり300回の無料通話が魅力ですね。

「スマホプラン割引」に見られるように少々クセもあるものの、スマホ料金を節約したい方には適したサービスだと思います。

キャンペーンや割引制度も豊富なので、契約の際には一通りチェックして最大限お得になるようにしたいところです。

公式サイトはこちら >>> Y!mobileオンラインストア

↑ページの先頭へ

ホームに戻る